Akane Iida Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

“LOVE”

3日後の、日本での初ソロ・リサイタルを向かえ、
今の、この気持ちをどうしても書きとめておきたかったので、
ブログに記そうと思います。

まずは準備の段階から
何百通もの演奏会の案内の送付に際して、
パニックに陥っていた私に、何も頼んでないのに、
そっちに行って手伝うよ、と言って
わざわざ差し入れを持って、一日手伝いに来てくれた友達。

案内の送付のための宛名のプリントをしてくれた友達。

コンクール前にいっぱいいっぱいになってた私に
ご飯をご馳走してくれて、ちょっと遅れたけどって
サプライズで誕生日プレゼントをくれた方。

きっとちゃんと食べてないでしょ、って私を連れ出して
スタミナのつくご飯に連れてってくれた友達。

手作りのパンや美味しいおかずを何度もうちまで持ってきてくれた先輩。

差し入れをくれたお隣さん。

「私の大好物」の手作りの梅ジャムを送ってくれた母。

気分を落としていると、いつも電話してきてくれる友人。

朝、「今日もピアノ頑張って」とメールしてきてくれる知人。

本番の度に「グッドラック!がんばって!」とメールくれる友達。

本番前、とても心強く、優しい言葉で背中を押してくれる大好きな調律師さん。

心配なら、ピアノいつでも聴くよって言ってくれる親友。

無理なスケジュールにも関わらずピアノを聴いてくれた、
「暑いからうちで練習してもいいよ」って言ってくれた恩師。

くだらない話をして私を笑わせて、ほぐしてくれる、
そして当日もリハーサルから付き合ってくれる大好きな大好きな先生。

自分が演奏会に来れないから、と他の方や身内の方に演奏会をすすめてくれる友人。

演奏会に来れないから、せめても、と贈り物を送ってくれる親友。

遠いところから、わざわざ私の為にリサイタルに来てくれる人たち。

そして、何よりも当日私の演奏を楽しみに、
また応援に来てくれる友人、先輩、後輩、先生、家族、その他全ての方々。



ここに書ききれないほどの愛を周りからもらって、
その度に、私はなんて幸せな人間なんだろう、なんて恵まれてるんだろうって
本気で涙しました。
ほんのちょっとした事やほんの少しの心遣いに本当に励まされ元気付けられました。
そして、その感謝の気持ちで、頑張ろうってここまで頑張れました。

本当に、本当にありがとう。

私も、人が本当に苦しい時や困ってる時に、
自分から手を差し伸べられる人間でありたい。
私がしてもらったこと、どうやったら返していけるかわからないけど、
感謝の気持ちを忘れずに、私も、「与える側」の人間になりたいなぁと思いました。

リサイタル前に、こんなに幸せで満ち溢れた気分になれて
本当に良かった。
ストレスなんて、どこかにとんでゆきました!

あと2日、自分なりにピアノに向かって、
日曜日は、そうゆう感謝の気持ちとか私がどれだけ幸せかとか
そうゆう愛を音にして奏でられるように、
楽しんで弾いてきたいと思います。
今の私に表現できる全てを表現したいです。

当日券には、まだ少し余裕があるそうですので、皆様お誘い合わせの上、
是非ご来場頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。



■7/10(日) 13時半開場14時開演
飯田あかね ピアノ ソロ・リサイタル
名古屋市
宗次ホール
一般:¥2000 学生:¥1000
お問い合わせ:アンバランス音楽企画
080-4150-6237


Akane Iida Piano Recital 20110710 1
Akane Iida Piano Recital 20110710 2



↓ランキングに参加しています!読んだら、是非1クリックを

スポンサーサイト

PageTop

ドラマみたいな、はなし

この記事はブロとものみ閲覧できます

PageTop

大切なもの

離れてみて


あなたの大切さを心から知った。


離れてみて


あなたがいかに私に元気をくれていたか知った。


離れてみて


自分がどれほどまでにあなたを大切に思っていたか知った。


離れていても


あなたの記憶が私に元気をくれる。


日本の梅雨は人の心をセンチメンタルにさせるのか


今とてつもなく、あなたの笑顔が見たい。


今、いつもは私を不愉快にさせるあなたの憎まれ口が聞きたい。


これからいっぱい一緒にいようね


こんな夜もあるかな、、




明日は 天気になぁーれ

DSCN1325.jpg

PageTop

いつの日にか

いつの日にか


あなたと肩を並べて


夕暮れ時を歩きたい


たわいもない出来事などを交わしながら






いつの日にか


あなたと肩を並べて


真っ青な空の下、散歩をしよう


かばんいっぱいのお弁当を持って






たわいもない日常がいかに幸せであるか


誰かを送り出す瞬間はいつも切ない


時に澄み渡ったカリフォルニアの真っ青な空が憎らしい



DSCN1128.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。