Akane Iida Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

感謝

ご無沙汰してます!

リサイタルが終わった後も、何やら色々とバタバタして報告が遅れてしまいました。

この度は、多忙の中私のリサイタルに足を運んでくれた皆様、

リサイタル前に私を励ましてくれた方々、

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。



6月1日の人生初ソロ・リサイタルは、何とか無事終える事が出来ました。

随分昔に私の師が、

「自分の中ではもっと弾けるのにという思いも、舞台上とはこんなもの、と受け止めなさい」

また、もう一人の師は、

「本番でいつもの60%が出せたらいいと思いなさい」

と言っていたのを思い出しました。

経験不足であった私はそんなものかなぁ?と思っていましたが、

近年その意味が痛いほど分かるようになってきました。

師匠のそれは、きっと

色々と自分で思うところはあるが、それをまたバネに頑張れという事だったのだと。



2・3ヶ月前は、

人生初めてのリサイタルを前にし、

60分なんて長さ、ちゃんと弾ききれるのだろうか、などと本当に不安でした。

でも、一日一日の努力を積み重ねている間に

そんな不安もいつのまにか消えていました。

当日はやはり、不安の残る曲であったり、苦手意識のある曲がうまくいかなかったりと

まだまだ課題の残るものとなりましたが、

それでも、今の自分に出来る演奏は出し切れたのではないか、と思います。

この結果が今の自分の力なんだと受け止めて、また一から頑張ります。



今回本当に嬉しかったのは、

本当に沢山のお客様が足を運び、私の演奏を熱心に聴いて下さった事。

終演後に、ねぎらいの言葉をかけて下さったり、

この曲が好きだったとか沢山感想を下さったり、


「あぁ、演奏家というのは、お客様あってのものなのだなぁ」


と心から感じた一日でもありました。



そして、何よりも、私をいつも支えてくれて、誰よりも応援してくれている

私の両親、

「本当にありがとう」

今回の演奏会を通して、

私が頑張っている事が、私の両親への一番の孝行なんだと思いました。

という事は、両親が健在な限り、走り続けてなければ!



有難い事にも、今回演奏会を主催して下さった教会の方より、

また来年もお願いします、とオファーがありました。

あぁ、またこういった機会が持てる!と本当に嬉しい気持ちでいっぱい

演奏家冥利につきる!




こんな私ですが、これからもまた一歩先を目指して

頑張っていきますので、何卒宜しくお願い致します。




下記の写真は卒業式の写真と、演奏会時の写真です。
(自分の写真を載せるのは恥ずかしいのですが・・・
             +
何故か、UPすると画像が悪くなってしまいました・・・)


With My Beloved Teacher

DSCN1698a.jpg



With My Favorite Japanese Friends in USA

with Japanese friends a



最後に・・
人生初めてのサインをお願いされて、書いている最中です。

signing a











スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。